リューズで時刻合わせする仕組み

二番車に半固定されたツツカナは、普通は一緒に回転しますが、リューズを引いて時刻合わせをするとき、強制的にツツカナを回すように動力の伝わり方が変わります。この切り替えするための部品は、オシドリカンヌキと呼ばれるものです。

このオシドリとカンヌキの作用によって、リューズに連動しているツヅミ車はキチ車から離れ、代わってコテツ車に連絡させます。

その動力作用は、中間車を介して、日の裏車、ツツカナ(分針)、ツツ車(時針)へと直接伝わり時刻合わせが可能になります。