動力を蓄積

手巻き式時計では、リュウズを回して動力源のゼンマイを巻き上げます。

まずリュウズを回すと、その回転は巻き真に伝わり、巻き真にはまっているツヅミ車が回ります。ツヅミ車の回転は、それに噛み合っているキチ車を回し、その回転はさらに丸穴車を回します。さらに丸穴車は、角穴車を回すのですが、その角穴車は香箱真(一番真)にはまりこんでいるので、同時に香箱真も回します。
この回転で香箱真にゼンマイが巻きつけられ、動力を蓄積することになります。

なお、ゼンマイは逆回転を防ぐためにコハゼというストッパーが取り付けられています。