OMEGA オメガ スピードマスタープロフェッショナルの修理

Before
After


千葉県は、松戸市から宅配でオメガの手巻きのスピードマスタープロフェッショナルの修理依頼が来ました。
確認するとゼンマイが目一杯巻かれた状態で止まっていました。油切れやゆがみなどの問題で、動かなくなったものと思われます。
また、ストップウオッチ機構の一つのポストが破損していました。
これも何度も使っていると、おこりやすい現象です。

このタイプのスピードマスターは、すでにパーツはメーカーより供給中止品となっているので、おそらくメーカーに修理出してもスイス送り(相当高くつく!?)になるものではないでしょうか。
今回は、一応パーツ品は在庫でありましたので、修理可能でした。
また、合わせて風防、および子傷(上記写真分かりずらいとは思いますが)を綺麗にして欲しいとのご依頼でしたが、風防内部の文字板のところに錆びも見受けられ、丁寧に洗浄しなければなりませんので、手間がかかります。

修理(ゼンマイおよびポスト交換修理)&オーバーホール・・・25,000円
レンズのキズ直し(研磨仕上げ、文字板周囲錆び取り)・・・10,000円
ケース新品仕上げ・・・7,000円
合計・・・42,000円

冒頭で述べたように、この製品のパーツが市場になくなりつつあるため、今後はパーツ代だけでも非常に高くつくこと必至です。お持ちの方は、丁重に利用させることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です