SEIKO セイコー5のオーバーホールと風防交換



祖父が利用していたものを、譲り受けたというセイコーのファイブサクタスのオーバーホール&ガラス交換依頼です。

昭和40年代のもので、パーツとしての情報もないので、すでに普通の時計店では、ガラスを交換あるいは作ることは、難しいため、受付しないでしょうね。今回のガラスは、テンションリング付きのガラスなので、普通のガラスより、さらに料金は高くなります。
オーバーホールにあたっては、カレンダー送りのパーツも交換し、カレンダー調整を必要としました。ただ、カレンダー板そのものもすり減っていて、今後、再度問題がでてくるかもしれません。(カレンダー板そのものは、代替品供給がないために、修理は非常に困難が予想されます。

金額です。
オーバーホール(パッキン交換含む)・・・18,000円
テンションリング付ガラス交換・・・12,000円
合計・・・30,000円
※別途消費税がかかります。

アンティークの時計は、今では当たり前の生活防水もままならないので、錆びないようご注意いただき、末永くお使いください。また、3年後くらいにオーバーホールをご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です