LONGINES ロンジン アドミラルのオーバーホール

Before
After


ロンジンのアドミラルの自動巻き時計です。水分が入って、動きが鈍っている状態でした。曇った状態から2日目!?程度とのことです。写真のように、ワイパー状態です。
リューズ周りを見ると、かなり摩耗しています。おそらく、リュウズで時刻合わせをよくされていたか何かで摩耗し、そこから水が入ったと思われます。

水分が入っているので、最優先で水分の除去を、まずは行います。そうしないと、あっという間に錆びていきます。もし、もう2~3日置いておいたら、かなりの部品を交換しないといけなかったかもしれません。今回は、リューズ周りのさびがひどく、リューズ交換しました。後の部品についたさびは、丁寧に落としていきます。

金額です。
オーバーホール・・・18,000円
リューズ、チューブ交換取り付け・・・15,000円
新品仕上げ・・・12,000円
合計・・・42,000円
※別途消費税がかかります。

オーバーホールを行ったといえども、水回りの利用は十分注意してご利用ください。同様の利用スタイルであれば、おそらくまた、リューズが痛んでくるとか、(今回交換など行っていない)フェース側のパッキンなどが痛んで水分が入ってしまうかもしれません。
万が一、水分が入った(ガラスの曇り含む)、と思われたら、すぐに御持ち込みください。
一旦曇って、その後消えたとしても水分は、入ったに変わりありませんので、部品は錆びていきます。
そうなると、修理代がバカ高くかかってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です