OMEGA オメガ スピードマスターのオーバーホール



オメガのスピードマスターをオーバーホールしました。状態としては、2~3年前に止まり、そのまま、放置しておいたとのこと。クロノボタンも押せない状態になっていました。

確認したところ、ムーブメントおよび、クロノグラフプッシュボタンの内部のさびがひどく、がちがちになっていました。
当初、既存のパーツで調整を図っていましたが、なかなか、精度が合いません。結局、パーツをかなり交換して、タイミング調整を慎重に図ります。

オーバーホール・内部さび取り・・・56,000円
センタークロノ歯車、6時方向クロノ歯車、クロノグラフ針、クロノグラフプッシュボタンの交換、磁気抜き含む
(写真は、一部の交換部品)
※別途消費税がかかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です